背筋をしゃんとして!!と親からよく言われた言葉 わかっているけどなかなか後ろ向きなこともあったりして でも まじめに生活していこうとする私の地道な毎日のこと


by macarons3
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:考えること( 20 )

春雷

雷が鳴っていたのをうすぼんやりした頭の中でも
響いていた。
目覚めると窓ガラスに 太陽の光を浴びた水滴が
光っていた やっぱりひどく降っていたんだ 雨

周りは春 ですが私の中ではなかなかそうはいかずに
毎日必死に戦っている(小さきことだけど)
負けるもんか ってね さすれば 必ず伝わる時が来る
私もそうだったから

桜を見たいけれど 人ごみの多いところはあんまり・・
山の中のひっそり咲いている さくら を見つけてみたい

高校の頃 3階の窓から覗く 山桜の美しかったこと
5月頃だったかな 午後の眠い古典の授業中
窓の外を見ると ピンク色の花びらが 紙ふぶきのように舞っている
夢の中の世界の様で驚いた
周りを見ると 皆しっかりノートをとっている
授業を受けてる場合じゃないよ 外を見て と言いたかったけど
何も言わなかった
よく見ると もう一人私と同じように窓の外を
見ている子がいた 眼が合って お互い「ニコッ」と笑った
あいつは 同志だな と思った

「春過ぎて 夏来にけらし白妙の 衣ほすてふ 天の香具山~」
と黒板に書いて説明をしていた先生

白い衣でなくて ピンクの花びらが舞っているところよ
なんて思いながら 私も授業に戻った

今朝 大きな水たまりに写った空を見た
世界は美しいなと思った
[PR]
by macarons3 | 2007-03-30 16:53 | 考えること


私は行かなければならないところがあるような気がしてならない
ここひと月くらい 考えていること
なぜ 今になってそう思うのか わからないけれど

それを無意識に思っているので
夢でも その場所が現れる

けれど そこに行くのが少し怖いので 行けないで今までいる
けれど 近くそこへ向かうことになるような気がする

行かない と思えば 絶対に行かないけど
自分を動かしているのは 自分だから

決めればいいのだけど この迷う気持ちは何か
知りたくてずっと考えているこのごろ
[PR]
by macarons3 | 2007-03-22 11:08 | 考えること

出会い

出会いって不思議なこと 
この世の中の強い何かの力によって人と出会い 物ともであったり 
生き物とも出会い 別れていく
それが生きていくうえで 大切な手がかりになったり 力になったり

仕事でいろんな人と会います もう二度とお会いすることも
ないだろうなと思う人から はっと 気づかされる言葉を
頂いたりもします
見えない力によって 出会いと別れを繰り返す
いやだな と思う人から 学ぶことは多いみたい
苦手な人と会うときは 腹のそこに力を入れて
心の耳を塞ぎながら 接するようにしているのに
そういう人って不意にやって来る
この人生のテストに うまくクリアできると
これから何が起こっても
大丈夫だーみたいな強いかんじになって気分がいい

でも また思いもよらない時に 応用問題が出されたりすると
あわてて失敗する。
そしてまた自信を失う。
こうやって身構えること自体 全く乗り越えていない現われなんだけど

時々自分をわざと窮地に落として 出来るかどうか
試しているところもあって おもしろい自分だな
と思って 苦笑いしたりする
[PR]
by macarons3 | 2007-02-07 15:26 | 考えること

nuance

英語は  yse no を はっきり言うけれど その後もたくさんのフォローが
あるから けっして 強くはげしい言葉ではないと思った。
しかし 日本語は yse no がはっきりしないし その後の
補助する言葉がたくさん続くから わけがわからなくなるよね。
そこには ニュアンスが必要 音 調子 感情 陰影 濃淡・・・を
使い分けて言葉に 振り掛ける そして発する日本語。

「遠慮なくどうぞ」と言われて 出されたお饅頭を全部食べたら
なんて無礼な人だ と思われるかもしれない
遠慮なくといわれても 決して全部手をつけてはいけないと思う。
1個かもしくは 食べないこと。これがわかるにはたいてい時間が
かかりますよね。日本にずっと暮らしていれば別だけど。

I like monaka better.
おまんじゅうより 好きです。
最中の皮は ばらばらと こぼれない皮が いいものだそうで
もち米をこねて 薄く延ばして作るそうだけど
質の悪いもち米で作ると 口に入れたとたん ばらばらくずれる。もちりとして
しっかりとした皮がよい最中だそうです。
うちの近所に よい最中をの皮を作ってた小さな工場(ご主人と
奥様とおじい様が作っていらしたほんとに小さなところ)があって
そこの皮は 丁寧につくられておいしいものだったそうです。
でも 今はありません。残念。
最中は 法事のときによく 出されますが
私は好きなので 遠慮なく パクパクいただきます。(無礼者)
いろんな種類の最中があると 一種類づつ頂きます。
「最中の月」は 満月 のこと だから 丸い形のものが多いそうです。

今宵ぞ   秋の  最中   ありける   拾遺和歌集より
koyoizo akino monaka arikeru   A31-syllable Japanese poem.

An autumn tonight of the full moon.
状況を表しただけの文になっている 正しいものを教えてください。Please~
[PR]
by macarons3 | 2007-02-02 16:18 | 考えること

苦手なこと2

人の名前と顔を覚えるのが苦手です。
それを最近気にしています。
どうしても覚えられない
時々しか会わない人を なぜ?皆覚えられるの?か不思議
ニコニコっと笑って あの人誰だったかしらと 友人に尋ねることがよくあり
「なんで~鈴木さんでしょ こないだも一緒にいたでしょ」
とあきれられることしばしば。
すこし悩んでいましたどこか頭の病気かも?
先天的にそういうところが欠落しているのかも。
性格占いによると

他人にに興味がない人です。人に興味を持ちましょう

と書いてあった。そこにはアドバイスも

毎日会う人を よく見る ことを意識しましょう。
そうすれば素敵な人がみつかります。
他人に興味をもちましょう。

だって 子供の頃 他人の眼を見てはいけません
じろじろ見ては失礼にあたります
と教育されてきましたから ましてや顔をじろじろ
短い間に見たりできませんもん。
でも このごろは意識して見て 言葉をかけるように
しています。そうすると覚えやすくなりますが
これは私にとっては とても疲れることなんです。
こんなこと 毎日だったら身がもたないなと思います。
皆さんはどうですか?
私だけかな。


この写真は 夏の思い出パート3
旅の途中で会った バス
かわいかったので パチリ 

d0087328_1623095.jpg

[PR]
by macarons3 | 2006-12-04 16:26 | 考えること
久しぶりにブログに書きこみできました
(ずっと気になっていたのだ)
年賀状のあて先や デザインなどいろいろやっていたら
あっという間の一週間でした。

寒くなりましたね。
みなさんお変わりありませんか?
暖房器具は用意していますか?
家では コタツはまだ出していませんが ホットカーペットは出しました。
(こたつネコっていたなぁ。)
マフラー手袋も 使っています。。。
今日も冷たい雨が降りました。
風邪等ひかれませんように、うがい手洗い忘れずに。
なるべくお薬に頼らず ゾクゾクきたら
しょうが湯のんで 早めに寝ましょうね。


九州場所 おもしろいです
魁皇の強いこと 本日のヒーローでした
稀勢の里 応援していますが今日は残念だった
横綱には 蹴手繰り って う~~ん 勝負して欲しかった。
勝ちたい気持ちもわかるけど
それだけ 横綱も余裕がないのか?
明日が楽しみ

ではでは~
[PR]
by macarons3 | 2006-11-19 19:44 | 考えること

苦手なもの

私は 虫や蛇など生き物は平気です。
あ でも 蛇は ちょっと苦手かも。
ゴキブリを見つけた女性は 「きゃーごきぶりー」とか「こわーい」とか
言って助けを求めるほうがなんともかわいらしいのかもしれませんが 
私は平気です。
虫なんかへっちゃらです。ゴキブリなんか なんてこともなく
「キッ!」となって捕まえてプチリ。
きっと周りの人たちは 残酷人間と思っているかもしれません。

そんな私ですが 苦手な虫がいます。
かまどうま です 知ってますか?
よく トイレにいる コオロギのでっかいやつみたいな
茶色くて足が長くて うー思っただけでも気持ち悪い
噛み付くわけでもないが 大きいし 高く飛ぶので
こわいのです。
子供の頃 一人でトイレに入っていると 必ずいるこれが
こわくてこわくて・・。
ひさしぶりに 山の近くのトイレに入ったら いたんです これが・・・

あんまり怖かったので ここに書き記して終わりにしたいなと
思い出とともに 。
[PR]
by macarons3 | 2006-11-10 15:38 | 考えること

宇宙

ぼーと夜空の星を見ていると
3年前に 星空の美しい所の宿で見た空を思いだした。
パンフレットに書かれている通り 見事満天の星空。
漆黒闇の中に 無数に広がるに細かな粒が
空一面にひかれてあるカーテンのように なにか現実感のない夜の空に
きれいというより 怖くなった。
世界中で自分だけしか存在しないような
孤独感に襲われて 急に恐ろしくなった。

満点の星空をみて きっと感動するだろうなと思っていた私は
自分の意外な気持ちに あせってしまった。
暗闇の中 一つの星を見つめると その星の遥か彼方にある
なにかわからないものに引き込まれる。
それは 自分が生まれる前にこの世界があったんだと改めてわかる
不思議な感じ。
自分はどこにいたのかと考えると ぐーと闇の中に落ちていくのと
似ている。
「綿の国星」大島弓子さんの作品にでてくるチビ猫が
生まれる前のことを考えるときは友達と手を繋いでいないと
何処かに行ってしまいそうで心細くなると書いてあったけどその気持ちだ。

私が存在しなくても この世界は当たり前に動いていて日々繰り返されていく
その時私はどこにいたの?
夜空を ぼんやり見つめていたら そんなことを考えた
宇宙には 何千億と星があって 銀河系にも何千億という星があって
宇宙には そうゆう銀河系が 何千億とあって・・・
と 考えると ETERNITY って 怖い。
命に 限りがあってよかった。
なんでも限りがあっていいの。
永遠なんて なんて恐ろしい。
時とともに風化して朽ち果てることが美しいんだと私も思う。

このブログ朝 書いているのだけど
これを夜 書かなくてよかった。
もっと 深く突き詰めて書いちゃいそうだから。

夜中に書く ラブレターほど 深刻で重いものないよね。
朝 読んでみて「なんだこれは」と思う作品になってることがある。
ひぇー恥ずかしい!!みたいな手紙(笑)

闇は そういう力を持っている。
[PR]
by macarons3 | 2006-11-07 09:52 | 考えること

エネルギー

人と会って話をしていて この人いい人だなと
心から思うことがあります。
(めったにいないけど)
見た目じゃない 話す内容でもないし
なんだろう?と考えるとき その人の魂かなと思う。
見えないけど なにかその人が発しているものがある。
近頃流行の オーラ なのかな。

魂ってエネルギーだと書いてあった。
生き物全ては 魂と言うエネルギーがみなぎっている。
でも このエネルギーは 誕生日の前後ではまったく違うようで
誕生日を境にエネルギーが 充電されるのだという。

そういえば 過去を振り返ってみると誕生日前頃は 
決まって調子が悪い。
誕生日を過ぎる辺りから 元気を取り戻すのだけれど。

ということは 私の場合 誕生日までエネルギーがもたないのか?
でも 毎年 その質量にあったエネルギーを充電してくれるはず・・
なのに もたない。
つまり どこか体の調子が悪くてそこからエネルギーが 
漏れていますよということなのか。

なんてことを 考えた 木曜の昼下がり
[PR]
by macarons3 | 2006-11-02 20:17 | 考えること

The life is ......

私は大人ですが 同じ失敗を繰り返します。
恥ずかしいのですが そうなのです。・・・

やりなおしのきく失敗だったら
何度でもやりなさい。

やりなおしのきく失敗は
失敗ではない。
[PR]
by macarons3 | 2006-11-02 11:37 | 考えること