背筋をしゃんとして!!と親からよく言われた言葉 わかっているけどなかなか後ろ向きなこともあったりして でも まじめに生活していこうとする私の地道な毎日のこと


by macarons3
カレンダー

<   2006年 09月 ( 24 )   > この月の画像一覧

d0087328_1932441.jpg

見てきました。
とても良かった。涙涙・・というドラマティックではなく
違う意味で 最高にドラマティック。
大きな自然の中で 生きる。
 
自然に対して無闇に尊敬はせず ただ感謝すること
が大切だと われわれも同じ自然の一部なのだから
(のようなこと)ノーマン・ウィンターは言っていた。

ロッキー山脈の大自然には 感激します。
あんな暮らしに あこがれる人も多いと思います。
子供と一緒にみることもオススメします。
[PR]
by macarons3 | 2006-09-30 19:46 | 映画

今週は BSで スティーブ・マックィーンの特集で4作品ほど
放映され なるだけ全部みよう!と意気込んではいたが
見たのは 「シンシナティ・キッド」と「華麗なる賭け」「ブリット」の3作品
どちらも 男の世界~という感じで ちょっと~ちよっと ちょっと(ざ たっち風)

シンシナティ・キッドに出てくる メルバという女性
卑怯で 勝つためにはなんでもするわ という女。
ジグゾーパズルを削ってまで 強引にはめ込む人
初めて見たし、その行為により彼女がいかにずるくて いやな女かわかるけど
なんだか う~~ん。
「ブリット」では カーアクション迫力ありましたね。
坂での きゅるきゅるいいながら走る車。
マックィーンのイメージはこうゆう感じです。
音楽や 女優の衣装にも興味を持ちました。
そういえば思ったんだけど
アニメのルパン三世は これらとよく似ているな 。
それともこの時代の作品は
みなこんな感じなのかな?

明日 久しぶりに映画館に行きます。
「狩人と犬 最後の旅」
ロッキー山脈の最後の狩人として生きた実在の人物の話。
ハスキー犬との話のようだけど
また 泣くかも・・。動物作品には弱い。
行ってきたら また感想書きます。
[PR]
by macarons3 | 2006-09-29 19:09 | 映画

羽生未来さん

d0087328_2244634.jpg
紹介したい本があります。
羽生未来の楽しもうWhat a fan fan day!こちらは ご存知の方も多いと思いますが
 以前 NHK教育番組「英語であそぼ」「ワィワィキッズ♪」で
英語のお姉さんとして 出演されていた方です。
私は 今英語の勉強をしています。
子供が小さかった頃に見た 「英語であそぼ」の未来さんを
思いだし、なにか勉強になる本を出していないかしらと
検索して 出会った本です。
英語の本ではなく 未来さんが  ポジティブにがんばっていた姿や
生い立ち 婚約者のワタルさんが二人の出会いのことも
語っています。詩や 写真 言葉がたくさん詰まった本です。
羽生未来さんは2005年2月22日 永眠されました。
彼女は 生きることの大切さや 前向きに自分を信じていこう
という言葉を たくさん残しています。

うまくいかないな と思ったときこの本を開いてみてください。
大丈夫 まだまだやれると 未来さんが 励ましてくれるようです。
[PR]
by macarons3 | 2006-09-25 22:24 | 読書

映画大好き

好きな作品はたくさんあります。
まず「キャノンボール」 これは思い出のある映画。
B.レイノルズが 好きでした。あの頃・・・(しぶい)
ルール無用のアメリカ横断レース。
シャッキーチェンやピーター・フォンダ サミーディビスJr .ディーンマーチン 
ファラフォーセットにはあこがれました。
カウウンタックに乗って 現れるシーンなんて素敵で色っぽい
兎に角豪華キャストな作品
おもしろい ただそれだけ それがいいんだよね
エンドクレジットのNG集。がまた おもしろい。

もう一つは 「ギルバート・グレイプ 
まだ 若いレオナルド・ディカプリオが 知的障害者の役を演じています。
この映画を見て 彼が好きになりました。
これは何度見ても いい作品。
兄の役に ジョニー・ディップ。彼もとてもいい感じなんです。
僕らはどこへでも行ける。泣ける・・・。
そしてもう一つ。
「キルトに綴る愛」 これも心温まる作品
主演がウィノナ・ライダー
最後に じんわり希望が残る映画が好きです。
[PR]
by macarons3 | 2006-09-25 21:28 | 映画
シャマラン監督の最新作。
シックスセンスもサインも好きなので
今度の作品も楽しみです。意外な観点から作品を作り上げるところが
おもしろくて 作品にひきこまれます
こういう怖さって大好き。

ちかごろなにかと忙しくしています。
映画をゆっくり見る機会もなく。

今日は悪魔も遠慮するくらいな上天気、
 掃除をして これから買いもの(食料品)・・・

映画館の前を通るりたびに 
暖かいコーヒーでも
飲みながらゆったり映画の世界に
のめりこみたいなと思いながら 通り過ぎます。
[PR]
by macarons3 | 2006-09-24 12:51 | 映画
初!マカロン

私の名前は マカロンというお菓子にちなんで つけています。
作ったことは ありませんが 以前食べて とてもおいしかったので
それから大好きになりました。ただ なかなかおいしいマカロンには
出会えず。
マカロンを 作れる人を尊敬します。

そんな私も 最近ピーチタルトをつくりました。
オススメの本にもある 山本馨里さんのパリ{小さな街物語}
紹介されている ア・ラ・クール・ドゥ・ローアンのタルト
簡単で おいしい。季節のフルーツを使うので
安くておいしく出来上がります。
レシピは 是非 山本さんの本より ごらんください。
[PR]
by macarons3 | 2006-09-22 21:11 | うまし糧

思い出

トイレで 思い出した
子供の頃 トイレに花子さんがいたんだよ~

私の小学生の頃は 年少さんの校舎だけ木造で
今から思えば ワックスでつやつやに磨かれた
それは素敵な校舎で
子供心になんていい学校だろうと思っていた。
新校舎より こっちの校舎のほうが素敵!
階段の手すりは 太くてツルツルに磨かれ
よく滑って遊んだ。
職員室のある新校舎は 鉄筋コンクリートの最新設備が
あり もちろんそこは水洗トイレが完備してあった
でも年少さん校舎にはトイレが無くて
少しはなれた汲み取り式(食事中の方すいません)で どっぼんトイレと呼んでて
そこを利用せざるおえなくて 子供なので怖くて怖くて・・・
入り口入ると 和式トイレが 右と左に分かれていて
花子さんが出るのは 左側並びの 右から三番目なの。
一番右は 骸骨のトイレで ここも怖かった
覗くと 骸骨の頭(のような)が見えて いっぱいのとき
仕方なくここに入ることもあった。

で三番目のトイレは だれも入らないの
でもある日 いじめらっこの女の子が
そこに 入れられて鍵を閉めていないのに
出られなくなって みんなぎゃーぎゃー泣き始め
花子さんだーと大騒ぎ
先生まできて ドアを開けてやっと出られたことがありました。
それからそこはには 使用禁止の札がかけられました。

以前は お墓だったところにトイレを作り 
隣の校舎には 戦時中そこに遺体が並んだよ
と 近所人から聞いたりして 怖くて怖くて。

子供の頃って 不思議なことがたくさんあったように思います。
でもそれを特別不思議と思わずに
過ごしていけたのが 子供の頃なのでしょうか。
[PR]
by macarons3 | 2006-09-21 19:26 | 見つけたもの

トイレの紙

トイレの紙は がいいのに
なぜかセールの時は ピンクのが安くなっていて
しぶしぶ買うのだけどさ。
わざわざピンクに加工して作っている製紙メーカーさんには悪いけど
なぜ?ピンクって思う。なんか香り付って 香りまでついてるよ・・・
かわいいのが好きな日本人は やっぱり 紙もピンク?

でいいじゃん。もしくは色つけなくて 少し茶色でもいいじゃん
リサイクルしてますって感じで イメージいいし
そのぶんお安くしてくれれば 私は買うよ。

外国には 黒いトイレットペーパーが販売されているようで
ヨーロッパでは 白く加工されてなくて
うす茶だそうです。

日本だけですよね 白くて紙の質もとてもGoodなのは。

d0087328_18451916.jpg

[PR]
by macarons3 | 2006-09-21 18:59 | 見つけたもの

人生の余裕

宝くじの日記念のくじを 購入したので
早速 当たったかな~なんて思いながら 宝くじ売り場の人に
お願いしマース。と10枚渡した。

だよね 簡単に当たらないよね~
ハズレ ハズレ・・・・・と一枚だけ200円 やっぱりね~

当たったらね 家のローンを 返して そいで
半分は 貯金して 
皆でいろんなとこへ遊びに行って
おいしいもん食べて

仕事をしててもさ なんか人生に余裕あるかんじでさ
生活できそう・・・。小市民ふぅ~
一億円当たらないかな・・・。うぅぅぅ・・・。

そういえば 最近好きなコマーシャル
矢沢永吉さんの出ているコマーシャルで
「未来をイメージしながら 今を生きているか」って言うの
これ とても心に響くフレーズ。

d0087328_1945243.jpg

[PR]
by macarons3 | 2006-09-20 20:01 | 見つけたもの

マンガ

d0087328_1029062.jpg

サザエさんが 好きです。子供の頃から ずっと見ています。
マンガも全巻揃え 時々出しては読みますが
昭和の始めの頃の 日本の生活がわかり
おもしろいです。
サザエさんの 着ている洋服もおしゃれです。
彼女は 洋裁をするので 生地屋さんで いろんな生地を購入し
弟や 妹の服をつくります。
時には サンローランやディオールのファッション雑誌を見て
似たような生地を 選び 同じように作ったりするサザエさんが
 かっこいい。
妹のために買ってきた生地が あまりにも素敵なので
自分の服の方を 先に断ち 妹の分まで取れなくて困っている
サザエさんが 好きです。
[PR]
by macarons3 | 2006-09-19 10:39 | 読書